攻めてもいないし、置いてもいないけれど決してサボってなんかいない、それが様子見です。

理解するのは一番簡単かもしれませんがしっかり実践するのはとても難しい、そんな様子見です。

以前非常にスカ確の早い方と対戦してその秘訣をうかがうと

「相手にスカ確入れるための様子見でしょ?ならしっかりスカ確できなきゃ様子見じゃないじゃん。」

とのことでした。やはり大切なのは意識配分。
初心者の方は何も落としたくなくてすべて中途半端になって結局すべて落としてしまう傾向にあります。
捨てるものはきっぱり捨てて、守るものを100パーセント守るのが上級プレイヤーなんでしょう。たぶん。
そうでなければ読み合いも成立しませんしね。


まずは成功例です。

 新規2
 

デビルのダッシュを見たギガースが技を置いたのですがデビルのダッシュは攻め込むふりで置きをスカしています。

次に失敗例です。

 新規
 
おそらくデビルが風神拳をおいたらすぐさまスカ確を入れる準備が一美にはあったはずですがそれは叶わず攻め込まれてしまいました。


このように、様子見はシンプルながら奥が深い行動なのです。