今回は(個人的には)鉄拳界のチョキと名高い様子見について解説します。

BlogPaint
 
 

様子見はその名の通り様子を見ます。
しかしそれは休憩時間ではありません。相手が置いた技がスカったときにいつでもバッチリスカ確を入れられるように精神を集中することです。
また、もし仮に「
スカ確には少し遅れた」と言うときにも、その有利フレームを活かして攻め込みをするというのも大事です。

様子見はただ、立っているだけではダメです。バックダッシュやしゃがみ、横移動を織り混ぜながら待つことが大切です。

そしてその比率は相手の個性と自キャラの個性によって変わってきます。
 

様子見は攻め込みには負けてしまいます。
じっとしているので、近づかれた場合、相手のほうが技を出すのが早くなりがちだからです。

ただ、様子見は攻め込みに無条件で負けてしまうわけではありません。

なぜなら攻め込んで来たが、リーチが足りなくてスカった場合や、様子を見つつ横移動をしたとき相手の技をかわすことができたとき何と無くしゃがんでいたら相手が下段選択肢で攻めてきたときです

そんなことがあるので、様子見はバックダッシュやしゃがみ、横移動を織り混ぜるべきなのです。

また、キャラクター的に、しゃがみ中から強いスカ確ができるキャラクター(キングのボディースマッシュなど)、横移動中に強いスカ確があるキャラクター(ブライアンのイレイザーなど)と言ったキャラクターの個性に合わさることも大切です。

そしていつでも、スカ確、確反を返せるような心構えを決めることです。

スカ確に返す技はリーチの長いコンボ始動技が理想です。また、時間との勝負なので発生は1フレームでも早い方がいいです。
そのような技を探して使いましょう。

以上から、様子見は(完敗ではないにしろ明らかに不利という意味で)攻め込みに負けてしまい、置きにはしっかりとスカ確をいれることで勝てるとわかると思います。