ダウンした瞬間にできること

今回は受け身系について紹介します。

受け身はすべて、ダウンした瞬間に入力するものなのでレバー系はずっといれっぱなし、ボタン系は連打していると楽です。


後転受け身
レバー4入れ
最も基本的な起き上がりかた。
相手との距離がある程度離れる。
早く起き上がれる代わりに直線的な攻撃を避けられない。
しかしこれを読まれていた場合、リーチの長い攻撃や長いステップからの攻撃による2択を受けてしまう。


横転受け身
奥はパンチボタンのどちらか、手前はキックボタンのどちらか。
こちらも基本的な起き上がりかた。
相手との距離は離れないが直線的な攻撃をかわすことがある。
しかしこれを読まれていた場合もろにあらゆる2択を受けてしまうことに注意が必要。


クイック受け身
レバー前入れ。
あまり使わない起き上がりかた。
スプリングキックのモーションを小さくしたような起き上がりかた。
中段でヒットで有利ガードで不利。
相手がジャンプしているところにヒットした場合拾いやすい。
ただし、スカ硬直が非常に長く、リーチも短くスカりやすいので多用は厳禁。