これまで、私は自分が過去につまずいたところだけを解説して来ました。
そして情報だけ出していればその情報を元に何かしらに活かしてくれるだろうと勝手に思っていました。その辺りを少し反省させられるような内容でした。


例えば見ていて、全体的に確定反撃が甘かった印象がありました。
そこで自分のブログを見返してみると、確定反撃がどんなもので、どんな種類があるかばかり説明していて、肝心な実戦でどんなことに意識すればいいのかや、もし失敗した場合のフォロー等も書いてありませんでした。


また、あるやられ方の受け身の取り方がわからなかったがためにひどく不利な試合を強いられる場面もありました。

そういえば受け身やバックダッシュについてなどの基本中の基本の紹介をしていませんでした。


もちろん、私がブログを改善したところでその人たちに変わりがあるかはわかりませんが、ここを見てくださっている方には少なくとも同じ失敗をしてほしくないとの思いで、これからの記事製作をしていきます。


他に思ったことをざっとあげると、二点。

・強い特定の技を頻繁に出しすぎる。
・下段や投げに明確な目的がない。


この二点かなと思います。
特定の強い技に頼るのは勝てるうちは全然問題なくて、それを対策されたとき、対策の対策まで用意できているなら完璧ですが、頼っている強い技が対策されてしまったら全然勝てないと言うのは困ります。
強い技は必ず何か対策があり、段位が上がっていけば必ずそれを知っている相手と当たることがあります。
先を見据えるならば、少数の技だけに頼らないようにしたり、対策の対策を考えておく必要があるように思います。

繰り返しますが勝てるなら強い技に頼るのは戦略です。


投げや下段もある意味強い技です。
段位の低い間はこれらは脅威以外の何者でもなく私も昔は対策に苦労しました。
今でも苦労していますが、少なくとも下段や投げだけで倒されることはなくなりました。
ところで、これらに頼るのは卑怯でしょうか?
私はあまりそうは思いません。
上でもいった通り、いつかは対策されてしまうのだし、痛い目を見始める段位まで上がる前にさんざん出して出し時を体で覚える必要があるとさえ思います。

段位が上がって下段や投げが出しにくくなってから出し方を学びはじめてはいけません。
段位の低いうちにどんどん出して、出していいタイミングというものを学んで、そのタイミングを見計らって出していってもらいたいものです。例えば起き上がりに重ねたり、ジャブガード後に固まる相手を投げたりのタイミングです。

そして相手に対策をされたら対策の対策として中段を出す。そして読み合いになっていくのです。

意味もなく下段を出していては読み合いには発展しないのです。

ただ、明確な意味の無い下段を出すことによって相手を撹乱させるという意味のある無意味な下段なんてのもありますけどね(笑)。